機材一覧

某1990年代頃の部室にあった代表的な機材を、思いつく限りに列挙すると、以下の通りである。
ご承知の通りバルク品も数多く部室にあった為、どれがちゃんと動くのか、把握できている部員は殆どいなかったものを考えられる。
 ※資料などが何も入手されていないので、確実なことは明記できない。    
  あくまで発起人の記憶に基づいている。


●8mm映写機
8mmフィルム映写機として、最高級機とされていたはず。
アフレコなどもしやすい、ランプも明るく、上映会でもかなり活躍していた。
10号館などで録音する場合は、重たくて移動させるのが大変であった為、遠慮されていた。

・ST-600
部内で、当時一番活躍した映写機かと思われる。
上記のGS-1200が、かなり高価でしかも重たかったので、
下級生たちにとっては扱いずらく、このST600を使用していた
(もしかしたらST-800と混同している可能性あり)

※このほかに、もう数台は映写機があったが、音が出なかったりしたものがあった。
 品名は失念。


●8mmカメラ
いわずと知れた、シングル8の最上位機種。
レンズ交換も思いのまま、普通の撮影のみならず、特撮などの撮影にも充分対応できる
余りある機能が着いており、部内で使いこなせる人は、ほんの一握りだった。
大先輩の特撮などに使用していたと、先輩から聞き及んでいたが、ホントかどうかは不明。
一時期、2台有り。


Z800
カメラでは、これを使用する部員がほとんどではなかっただろうか?
このカメラでも、充分すぎる機能がついていた。


・フジカ P400
これも存在したような気がするが、間違っているかもしれない。



●8mmスプライサー
品名は失念してます。数台あった。


●8mmエディタービューア
このようなものが数台存在した。バルク品もあった。



●Hi8 ビデオ機材


カメラは、確かSONYのVX-1
完全に失念してます。

  • 最終更新:2016-09-12 14:08:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード